ロードオブザリングの感想レビュー

ファンタジーと呼ばれる映画が、私は、あまり好きじゃなかったでした。 ロードオブザリングをファンタジーの部類にいれていいかどうか悩みますが、私には衝撃的なファンタジー映画でした。 エピソード1から始まり、最終エピソードの映画は、私はなんと三回も、映画館に通ったほどどはまりしていました。

ゴラムと呼ばれるものが、全てを操る指環を見付けた

ゴラムと呼ばれるものが、全てを操る指環を見付けたことから、全ての登場人物達の人生が動き出します。 それと同時に指環を狙う闇の世界の小さな目から全世界を見渡せる大きな目の持ち主達も動き出すのです。 小さき人と呼ばれるホビット達が暮らすのどかな町並みの映像が一気に私を異世界に連れていってくれました。 みんなから慕われる優しく頼もしいガンダルフと呼ばれる魔法使いの登場でこの映画に対する期待感のボルテージが上がりました。主人公のフロドの叔父の誕生日の盛大な祭りと、ガンダルフの魔法のかかった花火がスクリーンに、刺激的に映り出され世の中の楽の世界観をあぶり出してくれました。 ホビット達にとって、この祭りが、心から安心してはしゃげた最初で最後の時間だったと思いました。 フロドの叔父が隠し持っていた指環は、持ち主に、若さを与えていました。叔父は、その指環をフロドに預け旅にでてしまいました。そこから、フロドは、闇の世界から狙われ続けることになったのです。フロドは、心が綺麗なことから、指環を持っても特に変わった様子はなく、冷静でした。偉大なる魔法使いガンダルフさえ、その指環の魔力に正気をなくす壊さがあり、フロドに指環を私に見せるなというほどでした。 ガンダルフが指環のことを調べるから、フロドに先に逃げろといい、フロドは、心優しきサムとその他に二人のホビット達も一緒に旅にでることになったのです。この、心優しきサムが本当の主人公なのでは?と思うくらいの活躍をみせます。フロド達が闇の世界の追っ手から逃げながら、指環の行くべき場所にむかうのです。 何回見ても、ドキドキ感があせることなくおきる映像です。

 

▼織田裕二のドラマ無料動画特集▼

『ラストクリスマス』無料動画の視聴!

【振り返れば奴がいる】最終回まで動画を無料視聴!

「正義は勝つ Justice・for・all」無料の動画視聴!

【踊る大捜査線】無料動画の視聴法は?